気になること

アクセスカウンタ

zoom RSS J3への参加意志を表明したのは19チーム

<<   作成日時 : 2013/06/28 01:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

来季から発足するJ3への参加の意志を表明したのは、

合計で以下の19チームだそうです。


【JFL】12チーム

ブラウブリッツ秋田(秋田)

福島ユナイテッド(福島)

栃木ウーヴァ(栃木)

町田ゼルビア(東京)

SC相模原(神奈川)

YSCC(神奈川)

AC長野パルセイロ(長野)

ツエーゲン金沢(石川)

藤枝MYFC(静岡)

MIOびわこ滋賀(滋賀)

カマタマーレ讃岐(香川)

FC琉球(沖縄)


【地域リーグ】7チーム

ヴァンラーレ八戸(青森)

グルージャ盛岡(岩手)

tonan前橋(群馬)

アスルクラロ沼津(静岡)

鈴鹿ランポーレ(三重)

奈良クラブ(奈良)

レノファ山口(山口)


これを見ると静岡県は4チーム、

神奈川県は6チーム、横浜市は3チームが

本拠地を置くことになりそうです。


また半数以上が現在Jリーグがない

空白県のチームとなり、"1県に必ずJのチームが1つある"と言う

Jリーグの理念に近い形になりそうです。


今後、Jリーグがスタジアム面・経営面から

入会審査が行い、10〜12チームでのスタートを予定。

なので、手を挙げたチームが全てJ3に参加

できる訳ではない感じです。


また、U-20選抜が参加する構想もあるそうです。

これにより、出場機会が少ない若手選手に

真剣勝負の場を与え、試合経験を積ますことができ、

日本サッカーのレベル向上、底上げにつながるでしょう。

これは、シンガポールリーグでU-23で編成された

"ヤングライオンズ"が参戦しているものを

モデルとしており、どのように選手を選考するかなど

課題もありますが、非常に良いアイデアだと思います。


また個人的には、以前JFLに流通経済大学が

参加していたように、大学チームがJ3に入ったりすると

更にJ3が活性化され、面白いように思います。


課題は、チーム運営、スポンサー集めなど"お金の面"。

J2でもスポンサー集めが苦労しているだけに、露出が

更に少なくなるJ3はより厳しくなることは必至。

Jリーグがどのくらいサポートできるのかがポイントに

なってくるでしょう。


来年2014年シーズンは、2ステージ制の復活も噂されるだけに、

Jリーグにとって新しいチャレンジの年となりそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
J3への参加意志を表明したのは19チーム 気になること/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる