アクセスカウンタ

<<  2013年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


平成25年大相撲名古屋場所千秋楽

2013/07/21 23:25
終わり2番の残念感が深く、締まりの悪い場所に

なってしまった印象ですね。

稀勢の里は琴奨菊に破れ、来場所の綱取りがなくなり、

白鵬は無気力相撲と言われても弁明できない内容。

大入りが7日間と昨年の5日間を越え、

相撲人気がジワジワと戻って来ているだけに、

もったいないなと思います。


先場所千秋楽でも、苦杯を舐めさせられた琴奨菊に

またも破れ、綱取りが振り出しに戻った稀勢の里、

まだ綱には相応しくないと言うことなのでしょう。


高安がこの日も勝ち9勝まで白星を伸ばしました。

来場所は平成生まれ初の三役力士となります。

厳しい場所となりそうですが、期待したい所です。


また十両優勝の遠藤は白星を14まで伸ばし、

1場所での十両通過の可能性も見て来ました。

プロの土俵に上がってから3場所とは思えない落ち着き、

学生出身力士は伸び悩む傾向が強いだけに、

どこまで行けるのか楽しみです。


14日目
13日目
12日目
11日目
10日目
9日目
8日目
7日目
6日目
5日目
4日目
3日目
2日目
初日

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平成25年大相撲名古屋場所14日目

2013/07/21 13:35
白鵬の連勝を止めたのは、またもや稀勢の里。

負傷し万全ではないとは言え、横綱白鵬を

寄せ付けない内容でした。

来場所を再び綱取りにするために

絶対勝ちが必要だった稀勢の里が強さを

印象付けました。


最初の立ち合いは、横綱が突っ掛けて不成立。

2度目の立ち合いは両者手を突かず、白鵬から“待った”。

そして3度目に立ち上がり、張り差しで稀勢の里の出足を

止めようとしましたがこれが裏目に。

怯まず前に出た稀勢の里の圧力をまともに受けてしまった。

これでは、さすがの横綱も厳しい体勢になり、

最後は右四つに持ち込まれ、寄り倒しで敗れ、

連勝も43でストップしました。


稀勢の里は千秋楽琴奨菊を破り、白星を12勝に乗せると

来場所も綱取り場所が継続されるだけに、重要な取組になります。

先場所も千秋楽、琴奨菊敗れ、白鵬が土俵に上がる前に

優勝が決まってしまう寂しいことがあったので、今場所は

先場所の反省を活かし結果を出して欲しいものです。

13日目
12日目
11日目
10日目
9日目
8日目
7日目
6日目
5日目
4日目
3日目
2日目
初日
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平成25年大相撲名古屋場所13日目

2013/07/20 00:34
右脇腹の痛みに耐え、琴欧洲を寄り切りで破り

13連勝とし、3場所連続26回目の優勝を飾りました。

優勝回数26回は朝青龍を上回り単独3位。

また、13日目での優勝決定は千代の富士を抜いて

最多の5度目となりました。

残り2日間、11回目の全勝優勝に向けて突き進みます。

その前に立ちはだかるのは、14日目は大関稀勢の里。

来場所を綱取り場所とするためにも、残り2日間全勝が

必要なだけに、お互いにとって大事な一番となりますね。

2010年九州場所で、白鵬の連勝を63で止めたのは

稀勢の里でした。現在43まで伸ばして来ている連勝記録、

今回も止めることができるでしょうか。

今場所最も楽しみな一番となります。


ちなみにこの日に各段全ての優勝が決定しました。

これは15日制が定着した1949年以降初とのことです。


12日目
11日目
10日目
9日目
8日目
7日目
6日目
5日目
4日目
3日目
2日目
初日
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平成25年大相撲名古屋場所12日目

2013/07/19 01:31
琴奨菊を破り全勝を守ったものの

取組中に右脇腹を痛めた白鵬、

残り3日間、全勝優勝を目指す前に

試練が訪れた感じデス。

また、北の湖理事長の口から

大関稀勢の里の横綱昇進について

「12勝すれば、先場所の13勝がつながってくる」

と述べられ、残り3日間、両横綱と大関琴奨菊を

倒すこと条件となりました。

強敵だけに、一筋縄では行きませんが、

横綱を目指す力士には越えなくては行けない

条件ですよね。楽しみです。


琴奨菊を勝ったものの、土俵で顔をしかめた白鵬

土俵を降りても、なかなか控えに座ることが出来ませんでした。

診断の結果、右脇腹の軽い肉離れとのこと。

琴欧洲、稀勢の里、日馬富士との対戦を残しているだけに、

負傷の横綱でも後ろと2つ差あるとは言え、厳しい状況だと

言えそうです。

白鵬の独走で来た名古屋場所、最終盤に来て

まさかの展開が待っていましたね。

11日目
10日目
9日目
8日目
7日目
6日目
5日目
4日目
3日目
2日目
初日


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第17節 川崎フロンターレvs大宮アルディージャ

2013/07/18 13:34
後半ロスタイム、ラストワンプレーでのPK獲得。

決まった瞬間の痺れはスゴかったです。

アルディージャを首位から陥落させ、

ホームNACK5スタジアムでの連勝記録を止めました。

しかし、最後レナトよく決めたもんだ。

第17節 川崎フロンターレvs大宮アルディージャ


4連戦の4戦目で身体が重い上、アルディージャの

ハードワークに先制点を奪ったものの、

自分たちの距離感でサッカーができず、

なにかチグハグした展開で、気が付くと逆転されて

しまった感じデス。

何度も決定機を作られましたが、GK西部のファインセーブが

チームを救い、最終的には勝ち点3を呼び込む結果に

なりました。

最低でも3回は"ダメだ"と思ったかなと。

今日のMOMは確実に彼だと思いますね。

第17節 川崎フロンターレvs大宮アルディージャ


リーグも折り返しとなり、序盤6戦で3分け3敗と

つまずいたものの、なんとか立て直しに成功し、

8勝4分け5敗の勝ち点28の7位まで浮上して来ました。

首位とは勝ち点8差になります。

後半戦は、ここ数年苦しむ夏場をどう乗り越えるのかが

ポイントになりそうですね。

ここ数試合メンバーを固定して戦っているだけに、

疲労と怪我が心配されます。代わりに入った選手が

機能するかどうかが、チーム力が問われそうです。

8月を終えた時点で首位と5差になっていれば、

リーグ戦のタイトル獲得も射程圏内と言えそうです。


あとは、パトの後にFWの新外国人が入団するようなので

ハマればイイと思いますが・・・

こればっかりはなんとも言えませんな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平成25年大相撲名古屋場所11日目

2013/07/18 02:12
1敗の琴欧洲、魁聖が共に破れ

差が2つに広がる。

このままでは13日目に優勝が

決まってしまう自体に・・・

3敗はしているものの、稀勢の里が

連勝と13日目の優勝決定を阻止

してくれることを願うばかりです。


まさに薄氷の勝利。

立ち合いがふわりとしたものになり、

立ち遅れた白鵬、鶴竜に一気に土俵際まで

追いつめられたが、左からの捨て身の

小手投げでの逆転勝利でした。

白星に出来たのは、身体が動いている証拠。

この横綱があと2敗以上するとは考え難いです。

10日目
9日目
8日目
7日目
6日目
5日目
4日目
3日目
2日目
初日
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平成25年大相撲名古屋場所10日目

2013/07/17 10:16
白鵬の独走をなんとか琴欧洲、魁聖の

2人の頑張りで踏み止まっている印象が

強い今場所、粘って欲しいと思う半面、

あまり期待できない現実もあり複雑です。

日馬富士がここに来て3連敗。4敗目を喫し

場所後に横綱審議委員会から一言

もらいそうな感じがして来ました。


妙義龍にまわしが取れずやや粘られたものの、

小手投げで破り、昭和以降初となる個人2度目の

40連勝を記録しました。

この記録を考えると、白鵬が強いのか、それとも

他の力士がだらしないのか・・・

両方でしょうね。


十両の優勝争いは新十両の遠藤が1敗をキープし、

後ろに2差を付けました。

新十両とは思えない落ち着きで経験豊富な

力士たちを倒しています。

今場所、このまま行けば来場所は入幕を狙える位置まで

番付を上げてくるだけに、4場所での新入幕も

現実味を帯びて来ます。


9日目
8日目
7日目
6日目
5日目
4日目
3日目
2日目
初日
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平成25年大相撲名古屋場所9日目

2013/07/16 00:46
日馬富士が妙義龍に破れ3敗に後退。

全勝の白鵬を大関琴欧洲と平幕魁聖の

2人が追う展開になりました。

1敗の2人がしっかり追って欲しいですが、

申し訳ないんですが、あまり期待できる感じが

しないんですよね・・・


無謀な張り手が日馬富士の負けに繋がった一番、

これで3敗目、優勝戦線から脱落です。

今場所の成績次第では、横綱審議委員から

"激励"を受ける可能性もあるだけに、

上位との対戦が残る後半戦、綱の意地が見たいです。


稀勢の里は取り直しの末、安美錦を下しました。

これから全勝して12勝まで星を伸ばすことが

今後の相撲人生に繋がると思うので、達成して欲しいです。


8日目
7日目
6日目
5日目
4日目
3日目
2日目
初日
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


平成25年大相撲名古屋場所8日目

2013/07/16 00:38
千代大龍立ち合いの鋭さに驚きました。

日馬富士を一気に土俵の外へ。

横綱に何もさせない完璧な内容。

尊敬する千代大海の全盛期を

彷彿とさせるものです。


白鵬、危うかったです。

曲者安美錦の術中にハマり、もろ差しの

体勢を許し土俵際まで後退。

ただそんな状況になっても対応できるのは、

今場所身体が動いている証拠。

土俵際で左からの小手投げで逆転。

8連勝で勝ち越しを決めました。

日馬富士も敗れ、2差。早くも賜杯が

見えて来たようです。

7日目
6日目
5日目
4日目
3日目
2日目
初日

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第16節 川崎フロンターレvs浦和レッズ

2013/07/14 12:55
前節のサンフレッチェ戦の悔しさをぶつける

ゴールラッシュ。

好調レッズから4点を奪えたのは驚きです。

先制点を獲ると強いですね、フロンターレは。

特に1点目を獲った後の畳み掛け方がスゴいなと。

第16節 川崎フロンターレvs浦和レッズ


前線のヨシト、レナト、ケンゴのコンビネーションが

相手にとっては厄介なのは勿論ですが、

そこにボールを供給するイナ、マサキの出来が

チームのバロメーターになっているように思います。

ここでイイ形でボールを奪ったり、配給することで

前線の3人+サイド、またはこの2人が関わる攻撃パターンは

多彩なので、相手が捕まえづらい、読みづらさがありますね。

今後を考えると、ここに負荷が掛かっているので、

違う選手が入っても同じような形ができるようになれば、

夏場の連戦で勝ち点を積み上げて行くことができるそうなので、

リョータの復帰が待ち遠しいです。

第16節 川崎フロンターレvs浦和レッズ


ヨシトのJリーグ通算100ゴールはPKでした。

この100ゴールは通過点にして、今年は110ゴールぐらい

まで記録を伸ばして欲しいですね。

そうすれば優勝できると思います!!


次節は首位アルディージャとの大一番です。

スロベニア2トップの欠場の影響もあってか、マリノスに破れ

後ろの近づいただけに、連敗はできないチーム状況。

ホームのNack5スタジアムでは、今シーズン負けなしと

相性が良いだけに、4連戦の4戦目も重なり、かなり厳しい

ゲームになりそうです。

今節でコバも復帰。ケンタロウも好調を維持している感じデス。

ここで勝ち点3を奪えば、優勝戦線にも入って行ける重要なゲーム。

選手のプライドに期待です。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


平成25年大相撲名古屋場所7日目

2013/07/14 12:32
良い所無く敗れた稀勢の里、

3敗目を喫し今場所の綱取り挑戦は終わりました。

この3敗とも"完敗"の内容、綱取りのプレッシャーで

特に立ち合いが固い印象です。

今場所の横綱昇進がなくなっただけ、今後もチャンスはあります。

そのためにもこれからは、大関の意地が見てたいです。

6日目
5日目
4日目
3日目
2日目
初日
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平成25年大相撲名古屋場所6日目

2013/07/13 00:15
全勝の4人のうち3人が破れ、

6日目にして早くも単独トップになった白鵬、

他の力士、意地を見せて欲しいものです。

前日、千代大龍に良い所無く破れた稀勢の里、

この日は強烈な左の押っつけで臥牙丸を一蹴。

連敗は喫しませんでした。

ただ、崖っぷちの状態は変わらないだけに、

突き進むしかありません。


その稀勢の里の弟弟子高安が好調。

この日も全勝で来ていた琴欧洲を

取り直しの相撲で破り、1横綱2大関を破り

4勝目を挙げました。

取り直しの相撲は琴欧洲が立ち合いの変化で

安易に勝とうとした点も否めませんが、

変化に対応できたのは身体が動いている証拠。

この調子を維持すれば、平成生まれ初の

三役も見えて来ます。

5日目
4日目
3日目
2日目
初日
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平成25年大相撲名古屋場所5日目

2013/07/11 22:56
綱取りへ絶望的な黒星。

千代大龍に力なく破れた稀勢の里、

綱取りとは難しいものだと痛感です。

13勝以上での優勝と言われているものの

序盤、しかも平幕力士との対戦での

黒星は印象が悪いですね。


立ち合い、千代大龍の強烈な当たりに

フラつき、後手に回ってしまい、最後は

送り出しで敗れて痛恨の2敗目。

無念の表情で花道を下がって行きました。


琴勇輝が元気です。

自慢の押し相撲で2日目から4連勝。

2度目の幕内、勝ち越して欲しいものです。


4日目
3日目
2日目
初日
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平成25年大相撲名古屋場所4日目

2013/07/11 01:16
4日目を終え、全勝は横綱白鵬、

琴奨菊、琴欧洲の2大関、平幕魁聖の4人が

4連勝を飾っています。

この時期で4人はやや少ない感じデス。


松鳳山を押し出しで下し、連敗を免れた稀勢の里、

ただ綱取りに向け、崖っぷちの状態は変わらない。

心は熱く、頭はクールに土俵に上がって欲しいものです。

3日目
2日目
初日
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平成25年大相撲名古屋場所3日目

2013/07/10 00:08
綱取りには痛恨の1敗ですね。

栃煌山に対し、苦手意識があったんでしょうね。

慎重すぎた感じデス。


心配していた場所前の稽古での

分の悪さが慎重さを生み、

稀勢の里らしさを失わせたように思います。

2本差させないことに気が行ってしまい、

簡単ないなしに、落ちてしまいました。

序盤での1敗は痛く、かつ平幕力士に

対しての敗戦は印象が悪すぎる。

ここから白星を重ねて行くしかないです。

気持ち切り替えて4日目の土俵に

上がって欲しいものです。


またこの日は横綱日馬富士も

高安に破れ初黒星。

立ち合い、相手の張り差しで動きを

止められてしまったのが敗因です。

こちらも気持ちを切り替えて行きたい所です。


ただ、白鵬も2日目高安戦、この日の豪風戦と

バタバタした感があり、安定していないだけに

暑さが続く名古屋場所、荒れるかもしれませんね。


2年半ぶりに土俵へ復帰した蒼国来が

大岩戸を破り、898日ぶりの白星を挙げました。

正直、まだ身体に張りが無く、今後も厳しい

土俵が続きそうですが、相撲を楽しめている感じが

伝わってくるので、見ているこちらが元気になりますね。


2日目
初日
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平成25年大相撲名古屋場所2日目

2013/07/09 00:02
横綱・大関が揃って勝ち星を挙げた2日目

注目の稀勢の里はこの日も

綱取り場所とは思えない落ち着いた取り口。

曲者の時天空は何をやって来るか

分からない厄介な相手を前にしても

動じずと言った感じデス。


3日目は序盤の山と言っていい、栃煌山。

対戦成績も拮抗。また場所前の稽古は

圧倒される場面もあり、やや苦手意識が

あるのかもしれない。

いかに栃煌山得意の2本差しを許さず、

自分の形に持って行けるかがポイントに

なりそうです。


新十両の大砂嵐がこの日も勝ち2連勝。

まだ所作には緊張が感じるものの、

相撲内容は"らしい"内容です。

初日
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平成25年大相撲名古屋場所初日

2013/07/08 00:50
綱取り場所となる稀勢の里は

立ち合いが合わず嫌な空気が流れたが、

豪風を落ち着いて動きを見て、

押し出しで白星スタート。

優勝、もしくはそれに準ずる成績で

14勝が昇進ラインと言われているだけに

序盤で星を落とすと、"即綱取り絶望"と

なるだけに、緊迫の土俵は続きます。

その昇進の壁となるであろう

両横綱もしっかりと白星スタート。

レベルの高い優勝争いが見たいものです。


妙義龍が日体大の後輩でもある千代大龍の

髷を引っ張り反則負け。もったいない負けです。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


第14節 川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ

2013/07/07 21:38
自信漲る選手が頼もしいです。

4連戦の最初のゲームを

しっかりと勝てたのは大きいです。

これで等々力無敗記録も継続。

選手からも「等々力では負ける気がしない」

という言葉が心強いですね。

第14節 川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ



レナトの先制点がアントラーズの自信を

失わせるに値したようです。

自陣でボールを奪いイナが前線のヨシトへ

ロングフィード。しっかりと収めたヨシトが

内に入り上がって来るレナトのスペースを作り

ヒールで流し、レナトが左足を振り抜き

ゴールに突き刺さるもの。

この試合、レナト対策で右サイドに守備の強い

青木を起用しましたが、それを嘲笑うかのような

シーンで、試合を象徴しているように思えました。


この試合、ヨシトは2得点1アシストと大活躍。

本当に頼りになります!!

この日の2ゴールで、得点ランキングトップになり、

J1通算99ゴールとなり、区切りの100ゴールまで

1となりました。

第14節 川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ



次節は昨年完膚なきまでに敗れた

王者サンフレッチェとのアウェイゲーム。

ノボリが負傷退場し出場に??です。

2週で4試合の過密日程の中、

ヤジ・ユウ・リョータ・ケンタロウと

前線に怪我人が多く、交代の駒が少なく

出場している選手に負担が大きく掛かりそうです。

早めに点を奪い、自分たちのペースで試合を

運べる時間帯を作れるかがポイントとなりそうです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ヤマザキナビスコカップ 準々決勝 第2戦 vsベガルタ仙台

2013/07/01 13:32
頼れる大黒柱の2発で

ベガルタをトータルスコア5-3で

破りベスト4に進出。

しかし、先制パンチを喰らった時には

どうなるかと思いましたが・・・

ヤマザキナビスコカップ 準々決勝 第2戦 vsベガルタ仙台



ブラジルから帰国後、時差の問題で

先発出場がどうかと言われていたケンゴが

コンフェデの悔しさをぶつけ、

先制点を奪われ浮き足立つチームを救いました。

頼れるの一言です。

ザック監督、しっかり見て欲しいですね。


後半、攻めに出るベガルタに印籠を渡したのは

負傷のユウに代わり途中から入ったケンタロウの一撃。

先週の試合でゴールに絡んでから自信を

取り戻しらしいプレーが出せるようになった気がします。

どんどんゴールに絡むプレーが見たいですね。

ヤマザキナビスコカップ 準々決勝 第2戦 vsベガルタ仙台



これで5月、6月と無敗で乗り切りました。

来週から再開するリーグ戦、最初の4戦が

アントラーズ、サンフレッチェ、レッズ、アルディージャと

上位チームとの対戦に向けて弾みがついたと思います。

叩けば、順位を上げられるだけに重要な試合が続きます。

ここ2年、夏場で失速しているだけに心配ですが、

選手信じてついて行きたい所です。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2013年7月のブログ記事  >> 

トップへ

気になること 2013年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる